FC2ブログ
 
■プロフィール

( 広報担当: 伊賀 )

Author:( 広報担当: 伊賀 )
-----------------------------------

=青葉山*八木山フットパスの会=

本会は、青葉山・八木山の両地区における地域資源を掘り起こし、それらの魅力を市民に広報することによって、杜の都仙台の宝となる地域の実現を図るとともに、両地区が連携するまちづくりを推進できるようにするため、竜ノ口沢によって隔てられた当該地区を結ぶ散策路であるフットパスの実現に向けた事業をすすめていくことを目的とする。

*1:竜ノ口峡谷…一般的に竜ノ口渓谷と呼ばれていますが、地形的には峡谷に分類されるので、本会では、峡谷としてPRする。

● フットパス(footpath)とは…?


【 本会の事務局 】
TEL: 070-5091-4896(内山)
Email:
uchiyamatakahiro@hotmail.com
  == 会員募集中(詳細後日) ==


★ フットパス散策ガイドマップ
=【ご注文は、こちらから…❢】=

なお、仙台市内では、丸善書店、金港堂書店、さらに仙台市博物館ミュージアムショップでも購入頂けます。

-----------------------------------

●「SEND❤ai」とは…?
シティープロモーションの為の、
フレーズロゴです。
伊達政宗が名付けた仙台(Sendai)の地名に、英語Send(伝える)と日本語ai(愛)が隠れています。
★「SEND❤ai」ロゴで、
……仙台を世界に伝えましょう。
-----------------------------------

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第1回フィールドワーク(令和元年)  青葉山・八木山フットパスづくり
第1回フールドワーク「青葉山丘陵の古層を探る」を開催
今回は、50名もの方にご参加いただき、とても盛大なイベントとなりました。

前半の高嶋先生のレクチャーでは、日本列島が大陸から引き離された、およそ2千万年前以降の大地の歴史を学びました。
今回主に見学した「綱木層」は、大陸から引き裂かれた後に海の底に沈んでいた日本列島が、激しい火山活動とともに、徐々に陸地化していく時代に相当するそうです。

丘陵を下るコースの所々で、この海に起こった様々な変化の様子を観察することができました。
さらに、青葉山の地層が西に向かって大きく撓んでいる背斜や、青葉山を引き裂く断層など、ダイナミックな大地の歴史を感じられるフィールドワークとなりました!

そして、最後の洞門では、迫力のある大地の造形を目の当たりにするやいなや、皆さん長靴に履き替え、吸い込まれるように洞門へ!
洞門では、「綱木層」とその下の「旗立層」の境界が見られます。つまり、活発な火山活動とともに陸地化が始まる前の静かな海の底で生まれた「古層」が、この洞門に顔を出しているのです!

ご参加いただいた皆様、レクチャーとガイドいただいた高嶋先生、そしてご協力頂いた関係機関の皆様、大変ありがとうございました!
1_n_2019062518464983e.jpg
高嶋先生のレクチャー
2_n_20190625184650a53.jpg
東北大学青葉山新キャンパスの丘を登る。ここから大地の古層を探る旅がスタート。
3_n_20190625184653b77.jpg
途中、青葉台の手作り公園「青葉山フットパーク」で昼食休憩。ヤマボウシが綺麗に咲いています。
4_n_20190625184655bf4.jpg
花壇に蔓延るスギナを見るに見かねて、スギナ抜きが始まる!皆様、本当にありがとうございます。
5_n.jpg
東北工大グラウンド付近からは、見事な太白山が。
6_n_20190625184658a94.jpg
本格的な巡検が始まる
7_n.jpg
綱木層の露頭を観察する
8_n.jpg
激しい海底火山の活動で厚く積もった凝灰岩。
9_n.jpg
青葉山断層帯の一部である、小さな断層。白い色の層が断層の左右でズレているのが分かりますか?
10_n.jpg
こちらは大きな断層。ここでは、断層の明瞭な線は見えず、断層面付近がボロボロになっている。
11_n.jpg
最終目的地の洞門。
12_n.jpg
皆さん吸い込まれるように洞門の中へ
13_n.jpg
まさに隠された奇観です。
スポンサーサイト


★青葉山*八木山フットパスづくり | 18:33:22 | コメント(0)
第1回ワークショップ(令和元年度)  青葉山・八木山フットパスづくり
ワークショップ第1回について 日時:5月26日(日)
完成した青葉山フットパークの花壇に、ハーブ八木山まちづくりプロジェクトの皆さんと一緒に、ハーブ(ラベンダー)の苗を植えました。
暑かったので、昼食は、たまきさんサロンまで歩き、頂きました。
1_n.jpg
・八木山てっぺん広場から青葉山フットパークを目指して歩く。
2_n.jpg
・ハーブは八木山ハーブまちづくりプロジェクトの皆様に提供して頂きました。ハーブを植える前に、雑草の除去が必要に!
3_n.jpg
・八木山にお住いの方が大事に育てられた苗
4_n.jpg
・円形にラベンダーを植栽
5_n_201906181059102d1.jpg
・作業終了後、記念撮影
6_n.jpg
・その後、東北大キャンパスまで歩き、たまきさんサロンで意見交換会。今年は、ブックレットを作ります。


★青葉山*八木山フットパスづくり | 10:38:31 | コメント(0)
Facebookでもお知らせしています。
青葉山・八木山フットパスの会では、ブログの内容をfacebookでもお知らせしています。
facebookの良さを利用・活用してまいります。
 
〔例〕
=イベントへの参加表明は【✔参加予定 】をクリックして頂くだけ。事務局への連絡不要=

 URL: https://www.facebook.com/footpath980/?modal=admin_todo_tour

青葉山・八木山フットパスの会


★青葉山*八木山フットパスづくり | 10:06:03 | コメント(0)
第1回フィールドワーク(令和元年)  青葉山・八木山フットパスづくり
== (令和元年)・第1回フィールドワーク ==  チラシはこちら
     青葉山・八木山フットパスづくり
 

== 6/17(月)の申し込み期限 ==  申し込みを締め切らさせて頂きます。
現在51名と、多くの申し込みを頂きました。 有難う御座いました。
    
テーマ
「青葉山丘陵の古層を探る」
 青葉山丘陵の南西部を流れる笊川には、地元のかたが「洞門」*1と呼ぶ、自然に生まれた
                           石のアーチがあります。
このアーチは、青葉山丘陵の中で最も古い時代に形成された地層でできています。
青葉山のてっぺんからこのアーチ橋を目指して歩くことで、青葉山丘陵形成の謎を探ります。

日時・場所
2019年6月23日(日)10:30 たまきさんサロン集合
内容
<レクチャー>
10:30〜11:30 
高嶋礼詩氏(東北大学総合学術博物館)
<フィールドワーク>
11:30〜15:00 途中昼食休憩(各自持参)
コース:たまきさんサロン〜青葉台〜鈎取山国有林〜笊川洞門〜ひより台大橋附近にて解散*2
【注】 「洞門」の見学の際、間近で観察を希望される方は、くるぶし位までの防水靴または長靴をお持ちください。

参加費
500円(保険代・資料代含む) 事前申し込み制 申し込み締切 6月17日(月)

申し込み・問い合わせ
<青葉山・八木山フットパスの会 事務局>  内山
・TEL: 070-5091-4896  ・E-mail: uchiyamatakahiro@hotmail.com
・facebook登録いている方は、こちらから参加表明して頂くことが出来ます。

主催  青葉山・八木山フットパスの会
協力
八木山市民センター、片平市民センター、
東北大学総合学術博物館、東北大学キャンパスデザイン室

このイベントは、平成31年度仙台市青葉区まちづくり活動助成事業の助成を受けて
実施するものです。

==関連企画==
青葉山・八木山フットパス+東北大学総合学術博物館 パネル展
「フットパスで見つけた宝物」
日時:7月5日(金)〜7月18日(木)
会場:たまきさんサロン 無料

*1: 笊川洞門
 笊川洞門IMG_3501
*2:コース
 FWルート案




★青葉山*八木山フットパスづくり | 13:45:37 | コメント(0)
第1回ワークショップ(令和元年度)  青葉山・八木山フットパスづくり
== 令和元年度・第1回ワークショップ== 
  以下の内容で実施いたします。……是非ご参加ください。


日時:5月26日(日)
集合:10時30分 八木山動物公園駅屋上てっぺん広場

内容: 詳細は、こちらをご覧ください。
3月に完成した青葉山フットパークの花壇に、ハーブ八木山まちづくりプロジェクト*1の皆さんと
一緒に、ハーブの苗を植えます。
苗を持って八木山から青葉山まで歩き、フットパークの花壇に植えた後、花壇を愛でながら昼食をとります。(昼食は各自持参)

その後、青葉山のたまきさんサロンまで歩き、昨年度に製作したフットパスのガイド用パネルの完成披露会を行います。
また、今年度製作予定のフットパスブックレットの作戦会議も行います。
どうぞよろしくお願いいたします!

*1:ハーブ八木山まちづくりプロジェクトのHPは、こちらです。

(写真は完成したフットパーク。腰を下ろせるレンガのベンチや築山があります。地面はふかふかのウッドチップ敷きです!)
aoba-footpathgarden.jpg


★青葉山*八木山フットパスづくり | 19:57:25 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad