fc2ブログ
 
■プロフィール

( 広報担当: 伊賀 )

Author:( 広報担当: 伊賀 )
-----------------------------------

=青葉山*八木山フットパスの会=

本会は、青葉山・八木山の両地区における地域資源を掘り起こし、それらの魅力を市民に広報することによって、杜の都仙台の宝となる地域の実現を図るとともに、両地区が連携するまちづくりを推進できるようにするため、竜ノ口沢によって隔てられた当該地区を結ぶ散策路であるフットパスの実現に向けた事業をすすめていくことを目的とする。

*1:竜ノ口峡谷…一般的に竜ノ口渓谷と呼ばれていますが、地形的には峡谷に分類されるので、本会では、峡谷としてPRする。

● フットパス(footpath)とは…?


=【 本会の事務局 】=
TEL: 070-5091-4896(内山)
Emai: footpath980@nifty.com
== 会員募集中(詳細後日) ==


★★フットパス(散策)ガイド★★
ご注文は、こちらから…❢

なお、仙台市内では、丸善書店、金港堂書店、鹿野書店、あゆみBOOKS仙台一番町店、八文字屋書店SELVA店、さらに仙台市博物館ミュージアムショップでも購入頂けます。

-----------------------------------

●「SEND❤ai」とは…?
シティープロモーションの為の、
フレーズロゴです。
伊達政宗が名付けた仙台(Sendai)の地名に、英語Send(伝える)と日本語ai(愛)が隠れています。
★「SEND❤ai」ロゴで、
……仙台を世界に伝えましょう。
-----------------------------------

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

青葉山~八木山 山あるきツアー (せんだいメディアテークとのコラボ企画)
== 青葉山~八木山 山あるきツアー ==

メディアテークとのコラボ企画、添付のような内容で、Zoom Meetings & Chats の前に実施いたします。
Zoom Meetings & Chats の内容は、次のYouTubeにて見ることが出来ます。
URL: https://www.youtube.com/watch?v=tLIxj6_jdCY

11/13(土) 青葉山~八木山 山あるきツアー
青葉山駅 集合(9:00)、八木山動物公園駅 解散(11:30)です。
コースは、フットパークや足型サイン、八木山テラスなどを盛り込んだ内容を考えています。

募集定員は15名です。…ご参加、お待ちしています。

==【表】==
TALKチラシ修正_表
==【裏】==
TALKチラシ修正_裏


スポンサーサイト





★青葉山*八木山フットパスづくり | 11:09:27 | コメント(0)
歩いて探す地域の魅力 =河北新聞(夕刊)への寄稿=
歩いて探す地域の魅力 =河北新聞(夕刊)への寄稿=

事務局の内山さんが、河北新聞(夕刊)の「私の視点から」へ寄稿した内容が掲載(2021.4.19)されました。
「青葉山・八木山フットパスの会」の今までの活動内容、地域の魅力、コロナ禍での行動のヒントが纏めて有ります。

・下記の記事をクリックすると、拡大して読むことが出来ます。
寄稿





▸竜ノ口*青葉山フットパス通信 | 21:12:47 | コメント(0)
フットパスの効用に関する基礎的研究(その1、その2)
フットパスの効用に関する基礎的研究 岩﨑 裕直さん*1が纏めました。
==特に、健康についての効果について(その1)==
・最近日本においてもフットパスについて取り上げる地域が増えたが、主な目的は地域の活性化や観光の振興としているものが多い。
・参加のメリットとして、これまで不明瞭で感覚的であったフットパス参加者の健康への効用を明確化する必要がある。

詳細は、下記URLをクリックしてご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1Vpvw0XOumFbMLOlcNWgcCS0xQPfacC_P/view?usp=sharing

・使用したアンケート調査票を下部に示します。*2

==特に、健康についての効果について(その2)==
・今回の調査結果から,参加者は総じて健康意識が高く、こころの健康も良いことが見受けられた.しかし,頭書企図していた「フットパス活動への複数回参加は主観的幸福感が高まり、即ち健康増進につながること」への明確な検証には今後もデータの蓄積が必要である.
・今後健康指標の一つとして及び分析テーマによって主観的幸福感を捉えることは有用であると考える.
・したがって,COVID-19禍が有る現状において,もっと多くの各種健康調査によりデータを蓄積し,今後の健康政策やMMにおいて活用されることを期待する.

詳細は、下記URLをクリックしてご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1NUZ1Wv6FxiItYpTpLv8UMTozA5n0dsqy/view?usp=sharing


*1: (公財)仙台市建設公社 常務理事 [仙台市まちづくりアドバイザー]
(技術士―建設部門 上級土木技術者―交通)

*2: 使用したアンケート調査票 〔URLをクリックしてご覧ください。〕
https://drive.google.com/file/d/1swJFNZyTRpx0ZWXrdHESeSV264NrE_Zs/view?usp=sharing





★青葉山*八木山フットパスづくり | 22:39:17 | コメント(0)
八木山周辺の景観
地元の「写真クラブ八木山」が撮影した八木山周辺の景観です。
八木山周辺の四季折々の景観が楽しめます。

《 笠谷光男さんの作品 》
1. 八木山のアラカルト ← クリックすると始まります。
 (地下鉄東西線工事が始まったころからの様子を動画に纏めてます)



《 射浜啓子さんの作品》  画像をクリックすると、大きく表示されます。
1. 亀岡八幡宮 〔2020.8.1〕
IMG_20200801_110527.jpg IMG_20200801_112408.jpg IMG_20200801_112423.jpg
2.広瀬川河畔 〔2020.6.20〕
IMG_20200620_105515.jpg IMG_20200620_111153.jpg IMG_20200620_112601.jpg IMG_20200620_134750.jpg
3.治山の森 〔2020.4.29〕
DSC_1054.jpg IMG_20200429_104205.jpg IMG_20200526_100231.jpg IMG_20200616_094117.jpg IMG_20200616_104544.jpg
4.青葉山 化石の森 〔2020.4.17〕
DSC_0280.jpg DSC_0283.jpg
5.青葉山から三居沢 〔2018.2.6~2019.5.15〕
DSC_0016.jpg DSC_0021.jpg P_20180224_152340.jpg IMG_20190302_120257.jpg IMG_20190515_113101.jpg IMG_20190515_114428.jpg IMG_20190515_133657.jpg
6.青葉城 〔2020.9.5〕
髱定痩蝓蚕IMG_20200905_104055
7.八木山あじさい公園 〔2020.7.16〕
IMG_20200716_142841.jpg IMG_20200716_143547.jpg
8.竜の口渓谷 〔2017.9.30〕
CIMG4284.jpg CIMG4295.jpg CIMG4317.jpg CIMG7279.jpg CIMG4352.jpg
9.笊川の洞門 〔2020.3.31〕
DSC_0659.jpg DSC_0660.jpg DSC_0684.jpg IMG_20200331_102832.jpg



テーマ:仙台 - ジャンル:地域情報

==写真クラブ八木山== | 23:15:33 | コメント(0)
2020「歩行論のフロンティア2」シンポジウム = Youtubeへアップ =
シンポジウム「歩行論のフロンティア2 絵図から始まるまちづくり」無事に終了いたしました!

9月27日(日)、表記のシンポジウムを開催いたしました。
リアル会場とZoomを合わせたシンポジウムは当会で初めての試みで、不安もありましたが、出演者や参加者の皆様に支えられて、無事に終了することができました。
講師をお引き受け戴いた皆川様、黒田様、厚綿様、そして、Zoom及び会場にてご参加いただいた全ての皆様に心から感謝申し上げます。

Youtube(下記URL)にアップしました。是非ご覧ください。
1.活動報告
https://www.youtube.com/watch?v=UKLt7J_t56k
2.基調講演
https://www.youtube.com/watch?v=QYFxtI7zT4E
3.パネルディスカッション
https://www.youtube.com/watch?v=19OurHipPXI

当日はオンラインにて40名、会場にて13名の計53名のご参加を頂いて、歩くことと地図や絵図、そしてまちづくりへの関係性について、講師からの様々な話題提供をもとに議論を行いました。
4112_n.jpg

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。





★2020 シンポジウム | 09:11:46 | コメント(0)
次のページ